このままでいいわけないのに、どうしたらいいのかわからない。

こんにちは。ひろし@Y.C.LABです。
珍しくお昼に投稿します。

今日は読書感想文です。
小橋賢児さんの本です。

正直、小橋賢児さんて人いたよなー。くらいだったんですけど、キンコン西野さんのブログを読んで、読みたくなって一気読みしました。

「このままでいいのか?」とか「自分は本当は何がしたいんだろう」と思っている人の心に刺さる本です。

ただ、読み終わった後に涙して、「自分はこんなんでいいのかー!!」とはならなかったです。

静かに呆然としてしまいました。

自分って結局何がしたいんだっけと。

こうゆう事書くと嫌らしいかもしれないけど、僕はそこそこお勉強ができて、要領がよくて今までスムーズに大きなつまずきもなく、そこそこのサラリーマンをしています。
就職活動のときも大学で勉強していたこととは少し違う専門分野の会社だったけど、持ち前の面接力で突破してしまい、今の職についています。

大学の専攻と少し違う分野だったせいで、会社に入ってからは同期と違って自分は何も知らない状態で、今思えば恥ずかしい質問とかをしまくっていたと思います。

ただ、そこも要領よく仕事をこなしているうちにこの分野の事もわかってきて、今では大きなプロジェクトを担当するまでにもなりました。
来週もちょっとした発表があるんだけど、当たり障りなくこなしている自分が想像できます。

きっと発表後は誰かに褒められたりするんだろうけど、それでその後の生活が変わるわけでもなく、大きなポイントが入るわけでもなく、自分と周りの人が納得するための発表用のパワポを作るんだろうなと。。

なんかネガティブな感じになってきちゃったけど、実際はそうやって社内での信用を蓄えてきたからこそ、今好きなように仕事をさせてもらっているので、そこは手を抜かずにちゃんとやります。

でも、それって本当に自分がなりたかった将来の自分なのかな。と思うことが最近ものすごく多くて、だからと言って、じゃぁ何がやりたいんだよ。どうしたいんだよ。って聞かれても明確な答えはなくて、、

セカンドIDを読んでみた。

自分が何者になりたいかなんて明確な答えを持っていなくてもいいんじゃないか。と思えた。
その時の「今」を大事にして、今何がしたいのか。何にワクワクするのかってのを突き詰めて行こうよと。
だからっていきなり仕事やめてやりたいことだけやっていくなんてできないので、今までよりも少しだけパワーアップして、やりたいことに没頭できる時間を確保していきたいと思います。

本当にこのままでいいのかなと思っている人は読んでみるといいと思います。
さっと読めるのに、心に残る本です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です