価値について考える

こんばんは。ひろし@Y.C.LABです。

毎月恒例の目押しKINGをアップデートしました。今回のイベントリール配置は「梅雨」です。
梅雨の世界一を目指してください。

今だけ梅雨ベージョンの目押しKING

iPhoneの方はこちらからダウンロードできます。

Androidの方はこちらからダウンロードできます。

さて、毎月恒例の目押しKINGのアップデートの話や、開発途中のポスコレの話ばかりだとつまらないので、最近考えていることを書きたいと思います。

そもそもY.C.LABの価値ってなんなの?

サラリーマンでもアルバイトでもフリーターでもそうだと思うんですけど、何かしら仕事をして報酬をもらっていると思うんですよ。
で、その報酬に不満を持っている人って結構いると思います。
じゃぁ報酬ってどうやったら上がるのかってことなんですけど、ここで勘違いしてしまうのは、労働の対価として報酬が決まっていると思ってしまうことなんですね。

確かに、一般企業に勤めている人であれば、残業しただけ残業代がもらえるから労働の対価として報酬が決まっていると思いがちだと思います。
ただ、その生き方をしていると、自分の時間をお金に換えるだけの能しかなくなってしまいます。
では報酬って何の対価なのかというと、その人が生み出した(提供した)価値なんですね。

つまり、誰かに対して価値を提供できて初めて報酬をもらえるということですね。
なので、誰かと代わりのきくような仕事では報酬を上げ続けることは難しくなってきます。
つらい仕事をしている人も多いかもしれないですけど、「報酬の多さ=辛さの度合い」ではないということです。

そこらへんのことが書いてある本が、

これですね。
結構厳しいことが書いてあったりするんですけど、面白いです。

で、どうやったら他の人と代わりのきかない存在になれるのか。つまり希少価値のある人材になれるのかってことなんですけど、そこらへんのことは、

この本に書いてあります。藤原先生の本は読みやすくてどれもおすすめです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日の本題です。
じゃぁY.C.LABの価値ってなんなの?って話ですけど、今の所見当たらないですよね ww(笑い事ではない)

一番ダウンロードされている目押しKINGでは、スロット好きの負けず嫌いの人が頑張ってランキング順位を上げることで楽しみを提供しているとも言えます。

次にアップデートを公開するポスコレでは、郵便番号をコレクションするという収集欲求を満たすことの手助けをできるかもしれないです。

でも、Y.C.LABの価値ってそこじゃないと思っています。

じれったいので結論を言うと、こうやって色々考えて、もがいている現状がY.C.LABの価値なんじゃないかと思います。

終身雇用の限界が近づいている日本では、これから副業・複業をしようと思う人が増えてくると思います。
個人でできることって、株式とかの証券取引や、不動産賃貸業、ブログ(アフィリエイト)、あとはアプリ開発とかでしょうか。

そんな人たちにとって、他に同じようなことをやっている人がどんなことを考えて、どんなことに失敗して、どうやったら成功したのかって、すごく価値のある情報だと思うんですよね。
報酬には直結しないかもしれないですけど。

なので、毎月目押しKINGを更新したらこれくらいユーザーが増えて、アプリに組み込んでいるAdMobからこれくらいの報酬をもらっているよ。とか、次回のポスコレで文字に住所を持たせてみたらこれくらいの人が使ってくれて、こんなマネタイズをしてみたよ。とか、そういった情報が価値を持ってくるような気がするんですよね。その情報のマネタイズの方法は考えてないんですけど。

ってことで、これからはそういった情報を積極的に発信していこうと思います。
なんか最近宣伝ブログみたいになってしまっていたので、、

まずは直近でポスコレをアップデートしてみるので、そこらへんの反応とかをレポートしたいと思ってまーす。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です